月別アーカイブ: 2015年8月

一時の疲れや恥も我慢して

貯金もない給料日では賄えない時は、まず第一段階として手持ちのポイントやゲーム、本、時計や衣料品、日用品などを換金します。

ネットでのポイントサイトも全て換金です。それからTUTAYAやpontaなどの現金の替わりに使えるポイントはなるべく使うようにして、手持ちの現金の流出を防ぎます。

もう自分のものを手放せるものは全て手放して足りないようであれば、第2段階です。

ダブルワークが可能であれば休みの日を利用して交通整理やチラシ配り、スーパーの試食販売員などの短期間のバイトや日雇いの引越しや土木系の仕事をすることによって短期間での収入を見込みます。

ただしこの第2段階では職場でダブルワークが許されているかどうかで決まるので、就いている仕事によってできないこともあるのが難点です。やったところで規則違反で数ヵ月後に解雇されてはたまったものではありません。

さらに第3段階として借ります。個人的にはお金関係で人間関係がこじれることが多いように感じられるので、友人や知人に借りるのは無しです。

まず借りる候補としては大手の金融機関や消費者金融です。これならば人間関係の問題はクリアです。ただし期日による返済や金利があるので借りたお金の他に利息がかかります。

一時的にお金が必要になって返す当てや返済計画があるのならば、少々の出費はやむをえないでしょう。

返済が滞ったり期日に間に合わないことが最初から分かっているのならば絶対に借りません。借金を返すために借金を重ねると返済が非常に大変です。最初からしないほうがよいでしょう。

友人や知人から借りませんが親戚や親などの血縁のある人には借りるかもしれません。これは上記の返済計画がうまくいかない場合に限ります。やはり人からお金を借りるのはイヤだからです。金融機関などは商売としてやっているので罪悪感や恥なの意識はないからです。

家族や親戚から借りることのメリットはこちらの身元がはっきりとしているため、金額や返済計画に融通がきく点です。利息も相談次第です。でも第三者に借りるよりは精神的負担が多いので第1・2段階でたくさん資金を貯めるのが吉です。

消費者金融を利用する場合、家族などにばれてしまうのでは?といった不安もあると思うんですが、最近は明細書などの書類が自宅に届く事もないので、ばれる心配もないと思います。

参考サイト:キャッシングで明細書等の書類が送られないカードローン会社はあるの?

インターネット上で明細などは全て管理できるので、便利ですよ。また、申込みもネット上で24時間可能となっており、わざわざお店に足を運ぶ必要もありません。

様々な点から見ても、便利になったなって感じますね。

大阪でお金を借りる場合、どこで借りるのがいいのか?

お金がどうしても必要になった時、金額によって対処の仕方が変わってくると思います。
例えば1万円以内の金額なら、家にある不要になった雑貨や見なくなったDVDや本等をリサイクルショップに売ると思います。

家の中を見回してみると案外お金に出来そうな物がありますし、少額であれば簡単に換金できると思います。
しかし2~3万円以上になるとさすがに物を売ってお金にするということは難しくなると思います。

3万円を超える金額がどうしても必要となった時はクレジットカード等のキャッシングを利用すると思います。
キャッシングは自己責任において手軽に借りることができますし、返済も計画的にすることができるので便利だと思います。

キャッシングの良いところは、必要な金額を簡単に素早く借りることができるところです。

実際に、今までも何回か利用した事があります。私は大阪に住んでいるんですが、大阪には多くのキャッシング業者が存在するので、キャッシング利用には困らない場所とも言えますね。

かといって、どこでもいいという訳では無いんですが。やっぱり借りた後の事を考えたら、大手で安心できる場所から借りるのが一番ですからね。

なので、キャッシング利用する場合は、誰もが知る大手の借入業者から借りるようにしています。

こちらのような所から⇒http://xn--t8j0gd0a9941bollcv0htjh.com/

しかしその手軽さから返済能力を超えてお金を借りてしまったり、常習的に借りてしまう事になりがちなので利用せずに済むなら借りたくないなと思います。

十万単位でお金が必要になった時は、自分の力ではどうにもならない事が多いと思うので親や兄弟に相談すると思います。

しかし身内ほどお金のことについて相談し辛いもので、最終的にどうしてもお金の都合がつかない時に身内にお金を貸してもらえないかと相談します。

キャッシングなどは自己責任で借金する事が出来ますが、身内にお金を借りるとなると親兄弟にも生活がありますし、出来るだけ迷惑をかけたくないと言う気持ちが大きいです。

大きな金額でもある程度期間があるなら短期間のバイトをしたりして自分で何とか解決できる道を探したいと思います。

お金を個人的に友人等に借りるということは、人間関係の上でトラブルになることが多いと思うので私は絶対に避けたいと思っています。

例え少額でもお金を借りた時点で、お互い平等な関係でいる事ができなくなると思います。
日々生活する上でお金の問題は切っても切り離せないものです。

色々なお金の問題がある中で、なるべく自分の力で解決できるようにしていきたいと思います。
●キャッシングについて

みんなが知っているメジャーなキャッシング会社のうちほとんどの会社が、著名な銀行本体や銀行に近い会社やグループによって実際の管理や運営がされていて、ホームページなどからの新規申込についても早くから導入が進められており、便利なATMによる随時返済もできるので、お手軽です。

完全無利息でのキャッシングサービスが出始めたころは、新規申込の場合だけで、融資してから7日間無利息という条件があったのです。当時とは異なり、現代は何倍も長いなんと30日間無利息というのもあって、そこが、最長タームになりましたから、さらにありがたいと言えるでしょう。

実は銀行の融資金額については、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからこれからのカードローンは、銀行にお願いするのが正解だと覚えておいてください。簡単に説明すると借金の合計金額で、申込んだ人の年収の3分の1以上は、融資を銀行以外から受けることはできません、という法規制になります。

無利息というのは、キャッシングをしても、全く金利がかからない状態のことです。実際には無利息キャッシングと呼ばれているものの、間違いなく借金なので長期間無利息サービスのままで、借りられるということになるわけではありませんから!

設定された期間の、利子が一切いらない無利息キャッシングを利用すれば、資金を準備してくれたローン取り扱いの金融機関に支払うことになる金額の合計が、絶対に無利息期間分少なくなるので、かなりうれしいサービスです。ちなみに利息不要でもキャッシングを受けるための審査が、きつくなっているということもないのでイチオシです。

実は同じ会社内でも、インターネットキャッシングを利用するときだけ、大変お得な無利息キャッシングを実施している業者も存在するので、利用申し込みの時には、利用申込の方法もしっかりした注意しておくのがおススメです。

様々なカードローンの会社のやり方によって、結構違いがあるわけですが、申し込みのあったカードローンの会社は事前に審査を行って、ご希望の金額を本人に、時間を取らずに即日融資として対応することができるかどうか決めるという流れなのです。

例えばCMでおなじみの無人契約機から、貸し付けを申込むなんていう便利な方法だって可能です。店員はいない申込コーナーで機械を使って申込んでいただくので、最後まで誰にも会わずに、必要なときにキャッシングで貸してもらうために必要な申込ができますので安心してください。

いわゆるカードローンで融資を受けるということの独特の魅力というのは、いつでも自由な時間に、弁済が可能なところです。年中無休のコンビニのATMを活用してどのお店からでも返済していただくことができますし、インターネット経由で返済!というのも可能となっています。

突然の出費のことを考えて持っておくべき多くの人に利用されているキャッシングカード。こういったカードで望みの金額が借りられるなら、利息が安く設定されているよりも、期間が決められていても無利息を選択すべきですよね。

とりあえず働いていらっしゃる成人なら、規定の審査をパスしないということはほとんどないのです。不安定なアルバイトやパートの方も当日現金が手に入る即日融資を認めてくれるケースが大多数です。

以前と違って現在は、時間がなくてもネット上で、必要事項についての情報にこたえるだけで、借入可能額とか月々の返済プランなどを、計算して教えてくれるキャッシング会社もけっこうあるので、新規の申込は、とてもシンプルですぐに行えますから大丈夫!

支払う必要のある利息がカードローンを使った時の利息よりは少し高めでも、借りるのがあんまり多くなくて、短期間で完済できるというのなら、簡単な審査であっさりと貸してもらえるキャッシングによる融資のほうがありがたいんじゃないでしょうか。

キャッシングの利用申し込みをしようと考えている人は、借入希望の資金が、とにかく大急ぎで融資してほしいという場合が、大部分なのではないでしょうか。ここにきて信じられませんが、審査に必要な時間1秒で借りることができる超が付くほどスピーディーな即日キャッシングも登場しました。

肝心なところは、借り入れたお金を何に使うかが限定のものではなく、動産・不動産などの担保とか万一の際には保証人になってくれるという人を示さなくてもいい現金による融資という点で、キャッシングによるものでもローンによるものでも、何にも違わないと思ってください。