一時の疲れや恥も我慢して

貯金もない給料日では賄えない時は、まず第一段階として手持ちのポイントやゲーム、本、時計や衣料品、日用品などを換金します。

ネットでのポイントサイトも全て換金です。それからTUTAYAやpontaなどの現金の替わりに使えるポイントはなるべく使うようにして、手持ちの現金の流出を防ぎます。

もう自分のものを手放せるものは全て手放して足りないようであれば、第2段階です。

ダブルワークが可能であれば休みの日を利用して交通整理やチラシ配り、スーパーの試食販売員などの短期間のバイトや日雇いの引越しや土木系の仕事をすることによって短期間での収入を見込みます。

ただしこの第2段階では職場でダブルワークが許されているかどうかで決まるので、就いている仕事によってできないこともあるのが難点です。やったところで規則違反で数ヵ月後に解雇されてはたまったものではありません。

さらに第3段階として借ります。個人的にはお金関係で人間関係がこじれることが多いように感じられるので、友人や知人に借りるのは無しです。

まず借りる候補としては大手の金融機関や消費者金融です。これならば人間関係の問題はクリアです。ただし期日による返済や金利があるので借りたお金の他に利息がかかります。

一時的にお金が必要になって返す当てや返済計画があるのならば、少々の出費はやむをえないでしょう。

返済が滞ったり期日に間に合わないことが最初から分かっているのならば絶対に借りません。借金を返すために借金を重ねると返済が非常に大変です。最初からしないほうがよいでしょう。

友人や知人から借りませんが親戚や親などの血縁のある人には借りるかもしれません。これは上記の返済計画がうまくいかない場合に限ります。やはり人からお金を借りるのはイヤだからです。金融機関などは商売としてやっているので罪悪感や恥なの意識はないからです。

家族や親戚から借りることのメリットはこちらの身元がはっきりとしているため、金額や返済計画に融通がきく点です。利息も相談次第です。でも第三者に借りるよりは精神的負担が多いので第1・2段階でたくさん資金を貯めるのが吉です。

消費者金融を利用する場合、家族などにばれてしまうのでは?といった不安もあると思うんですが、最近は明細書などの書類が自宅に届く事もないので、ばれる心配もないと思います。

参考サイト:キャッシングで明細書等の書類が送られないカードローン会社はあるの?

インターネット上で明細などは全て管理できるので、便利ですよ。また、申込みもネット上で24時間可能となっており、わざわざお店に足を運ぶ必要もありません。

様々な点から見ても、便利になったなって感じますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>